*

これで安心!シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト:服装編

      2018/02/20

常夏の国、シンガポール!

1年を通じて、平均気温27℃。

湿度も高め。

IMG_9758

 

特に日中は日差しがとーっても強いです。

でも、室内は冷房がガンガン効いてます。。。

 

というわけで、

おすすめの服装はこんな感じです♡

 

シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト:服装編

トップス

半袖か、ノースリーブ。

ただし、モスクなどの寺院など、

場所によってはノースリーブ(肌の露出多め)NGの場所があるので注意!

 ボトムス

パンツなら、フルレングスではないものがおすすめ。

とにかく暑いのと、急な雨のときに足元が濡れてしまうので。

(特に、2月から10月の乾季は、フルレングスのデニムだと暑いかも!)

スカートの丈は、全般的に短めなので、

日本ではいているより

ちょっと短めかな、という丈でも

シンガポールではOK!

 おしゃれワンピース

マリーナベイサンズラッフルズホテルなど、

おしゃれな場所に行くときには、ちょっとしたおしゃれ着があると

気分もUP!

 はおりもの/ストール

これ、おすすめというより必須です!!!

とにかく室内の冷房がきつい。

(16-18℃くらいにしてるんじゃないかな)

あつーい外から室内に入ると、とってもうれしいですが、

長時間室内にいると、かなり冷えてきます。

なので、冷房対策用のカーディガンや、さっとかけられるストールなど

いつもバッグの中に忍ばせておきましょう。

 サンダル

湿度が高いので、ずーっとパンプスで歩いていると

確実に足が蒸れます。

ローカルの人は、ビーサンで街中を歩いてたりもするくらいなので、

基本サンダルでOK。

(ただしこれも、ドレスコードによってはNGな場所もあるので、

パンプスも1つはあると安心)

 その他

ストッキングをはいている人はほとんど見かけません。

思い切って生足に挑戦してみてね♡

FullSizeRender

 -シンガポール旅行のおすすめ持ち物

  関連記事

これで安心!シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト:身の回り小物編

さてさて、 日本とは気候も文化も違うシンガポール。   旅行中に持ち歩くバッグに入れておく

シンガポールでは英語で。オーディオブックでの勉強がお得にできるチャンス!Amazon Audible

シンガポールの公用語は実は4種類。 英語、マレー語、中国語、タミル語です。   駅の構内な

1000円でSGをどこまで楽しめる?シンガポールおすすめ本!

残念ながら、日本円が弱くなっている今日この頃… 私が引っ越してきた2014年秋頃は、 1

シンガポールの服装12月:やっぱり半袖がおすすめ

さてさて、早いものでクリスマスと年末年始が 近づいてきました! 年末年始の大型のお休みで、 シンガポ