*

これで安心!シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト:身の回り小物編

      2018/01/16

さてさて、

日本とは気候も文化も違うシンガポール。

 

旅行中に持ち歩くバッグに入れておくのをおすすめしたい持ち物をまとめてみました。

 

シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト 身の回りの小物編

ポケットティッシュ

シンガポールでは、

お食事処に紙ナプキンがあるほうが

めずらしいんです。

(日本食レストランや、その他一部レストランにはあります。)

 

そして、ポケットティッシュは街中では配られておらず、

有料で買うもの。

ぜひ日本からもってきてください!

 

日本でいうところの屋台村、ホーカーでは、

席取りのために

ポケットティッシュが置かれていることがあります。

 

もし、ホーカーセンターで

席に置かれたティッシュがある場合、

自由に使ってよいものではなく、ほかの方の所有物なので注意!

 

ウェットティッシュ

お手拭きもないんですよね。

中には出してくれるお店もありますが、

チャージされることもあるので(と言っても数十円程度ですが)、

持っていると安心。

 

ハンカチ

とにかく汗をかきます。。。

 

サングラス

日中の日差しはかなり強いので、あると安心。

 

日焼け止め

こちらも汗で流れ落ちるので、こまめに付け直したいところ。

SPF高めのもので、朝のメイクの下地から使っておくことをオススメします。

 

おりたたみ傘

どの時期でも、突然雨が降ることがあります。

ざーっと振り出してしまうと、傘があってもアウトなのですが、

降り始めのうちに、どこかに避難するために持っているとよいです。

 

シンガポールの雨のすさまじさは、

こちらの記事をご参考まで

雨季が始まった!シンガポールの雨季

 

その他

帽子は、頭が蒸れるのでかぶりたくない!と感じることも。

ちなみに私は持ってこない派です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 -シンガポール旅行のおすすめ持ち物

  関連記事

1000円でSGをどこまで楽しめる?シンガポールおすすめ本!

残念ながら、日本円が弱くなっている今日この頃… 私が引っ越してきた2014年秋頃は、 1

シンガポールの服装12月:やっぱり半袖がおすすめ

さてさて、早いものでクリスマスと年末年始が 近づいてきました! 年末年始の大型のお休みで、 シンガポ

これで安心!シンガポール旅行おすすめ持ち物リスト:服装編

常夏の国、シンガポール! 1年を通じて、平均気温27℃。 湿度も高め。   特に日中は日差

シンガポールでは英語で。オーディオブックでの勉強がお得にできるチャンス!Amazon Audible

シンガポールの公用語は実は4種類。 英語、マレー語、中国語、タミル語です。   駅の構内な